UCHI de GREEN note

試行錯誤して観葉植物や多肉植物を育てた経験を交え、
それぞれの植物の育て方や印象に残る様子をご紹介します。

ユッカ・エレファンティペス

(青年の木)

yucca

ユッカ

elephantipes

ユッカ・エレファンティペス

ユッカ・エレファンティペスとは一般的に園芸店などで「ユッカ」や「青年の木」として販売されている品種です。
基本的にはとても日当たりを好むので、順化していれば屋外の直射日光下でも葉焼はせず、むしろ葉がピンと上向きでイキイキとした様子に育てることができます。
逆に室内の日が当たりにくい場所などでは葉が伸びて下向きに垂れ下がるような株姿になります。

暑さに
強い
寒さに
やや強い
耐陰性
強い

ユッカ・エレファンティペスの育て方

UCHIではユッカ・エレファンティペスを
下記の育て方で2037日間育てています。

1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
日当たり
日当たりのよい窓際
水やり
ほぼ断水
土の表面が乾いたら
乾かし気味
増やす
植え替え
適期

※植え替えは土の入れ替えにも該当します。※植え替えは適期でもその株の状態によっては見送る必要がありますので、事前に植え替えの予定日を立て、その予定日まで株の状態を継続的に観察して判断してください。

日当たり・置き場所

ユッカは日当たりを好みますので屋外の日が当たる場所(順化していれば直射日光下)が最適ですが、室内でも育てられるので、その場合は窓際などの室内の最も良く日が当たる場所が最適となります。

水やり

春から秋は土が乾いたら水をたっぷり与えるようにしますが、株の状態にもよりますが春と秋は土が乾いてから5から7間後に、夏場も土が乾いてから2,3日後に与えるようにしています。
冬は水を控え、時折土を湿らす程度に与えます。
葉水を好みますので、特に冬などはこまめな葉水をしてあげることが元気に育てるポイントになります。

冬越し

水を控え気味に管理し、室内の日の当たる場所なら比較的無難に冬越しできます。

夏越し

室内の明るく少し日当たりのある場所で管理し、病害虫予防のためこまめな葉水をして夏越ししました。

増やし方

※ご紹介している育て方は、UCHIの置いている場所での環境に特化もので、失敗もあり、地域、窓の方角、日当たりや風通し、気温そして株の状態やサイズなど、様々な条件を考慮する必要があります。またご紹介している内容は基本的な育て方の一例としていただき、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。

※ご紹介している育て方や品種名(URL含む)などは、新に得た情報やアドバイスまたは今後の経験によって予告なく変更しますので、予めご了承ください。

UCHIのユッカ・エレファンティペスの印象に残る様子

根の様子

根の様子

始めて植え替えした時の根の様子です。太く丈夫そうな様子でしたが、株の大きさの割に根の量が少なく短めだったのが印象的でした。

植え替えをして約3年が経った頃の根の様子

植え替えをして約3年が経った頃の根の様子

植え替えをして約3年が経った頃の根の様子です。随分と太くて長い根が増え、以前より立派な株へと生長していることが実感でき、育てているといったことに喜びも感じられた時でもあります。

UCHIのユッカ・エレファンティペスへの関心

12

12 / 100

ユッカ・エレファンティペスの
その後の様子への関心状況

12%

※気になるが設定数になると、"なるべく"その時の様子をご紹介します。設定数未満で記事を投稿した場合は
その時点でリセットしますが、これまでの気になるはその累積数を背景に表示しています。

  • 最終投稿から714日が経っています。

※気になるボタンは1日1品種だけ押していただくことができます。

読者の皆様に「その後が気になる」をしていただいた植物

ユッカ・エレファンティペスと同じ
ユッカ属の植物