UCHI de GREEN note

3年間試行錯誤して観葉植物や多肉植物を育てた経験を交え、
植物の育て方やその印象に残る様子をご紹介します。

オーストラリアビーンズ

(ジャックトマメノキ)

カスタノスペルマム

castanospermum_australe

オーストラリアビーンズ

暑さに
-
寒さに
やや弱い
耐陰性
普通

オーストラリアビーンズの育て方

1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
日当たり
日当たりのよい窓際
水やり
乾かし気味
土の表面が乾いたら
2、3日に1度たっぷり
土の表面が乾いたら
乾かし気味
増やし方

日当たり・置き場所

年中日当たりのよい場所を好みます。
苗木は耐陰性もあるようですので、小さく育てたい場合は室内の明るい場所でも育てられるようです。

水やり

春と秋は土が乾いたら水をたっぷり与え、夏は毎日もしくは2,3日一度たっぷり水を与えます。
冬は乾かし気味にして管理します。

冬越し

寒さ苦手ですので、最低でも5℃以上の室内で冬越しするようにします。
また冬は水は控えめに管理します。

夏越し

夏は風通しのよい場所で水をたっぷり与えるようにし、適度に葉水をして管理するようにします。

増やし方

種と挿し木で増やせます。
種は4月から5月に挿し木は6月中が適期になります。

※ご紹介する育て方はUCHIで置いている場所での環境に特化もので多々失敗もあり、地域、窓の方角、日当たりや風通し、気温など 様々な条件を考慮する必要がありますので、ご紹介している内容は基本的な育て方の一例としていただき、また一切の責任を負えませんので予めご了承ください。

※ご紹介している育て方や品種名(URL含む)などは、新に得た情報やアドバイスまたは今後の経験によって予告なく変更しますので、予めご了承ください。

Blogでご紹介している
オーストラリアビーンズの様子

その他のカスタノスペルマム属の植物